液晶ディスプレイ表示機能

- Jul 05, 2017 -

今人々 のため液晶は非常に精通している用語です。コンピューター Lcd テレビ、携帯電話と同様、大画面の多くの通りは、表示機能を実現する液晶ディスプレイの使用です。

19 世紀の終わりに、化学者は液が一定の温度に加熱した後、範囲は固体と液体、液晶ディスプレイとし、高温で液体に直接いくつかの固体の有機物にならなかったことを発見します。液晶ディスプレイの液体から別だが、自由に流れることができるが、また結晶の規則的な順序から別のそれは 2 つの構造的特徴。

それは両方の携帯電話 LCD ディスプレイし、結晶の光学・電気的特性と同様にこれが液晶、液晶と呼ばれる液晶。液晶ディスプレイもありますビューに加えて最も一般的な固体、液体、物質の状態はガスのこれらの 3 つの状態が、液晶やプラズマの 2 つの状態を追加することもする必要。

今の化学者は長い棒のような長い棒のような構造と極性基を持つ分子に共通特定のジオメトリを持っている傾向がある分子液晶性化合物を形成できることを発見しました。液晶の長い棒状分子液体分子、液晶ディスプレイのような自由にフローしないメニューをアレンジする互いと並行して同じ方向に流れる傾向しますが、ある特定の温度範囲で。液晶ディスプレイ液晶分子の位置関係か緩い爪楊枝の束のよう互いに同じ方向にほぼ平行が、終わりはまだでも、厳しいと整然とした結晶とは異なり。

液晶分子の極性基の存在により内部電荷の偏在、極性になる液晶分子の結果が表示されます。印加電圧、LCD ディスプレイの影響によって液晶分子の配列状態が変更され、光透過率と光透過率の間点灯します。液晶ディスプレイは、この現象を使用して行われます。

サンドイッチ状態で配置された電圧制御液晶分子を追加することで液晶ディスプレイの 2 枚のガラスに液晶の異なった形およびイメージの色合いを出力できます。薄型化、低消費電力ので近いうち主流の表示の一つとして、かさばるブラウン管 (CRT) ディスプレイの低動作電圧利点と液晶ディスプレイ

最高のディスプレイのコントラストをすることができます人間の体温付近の液晶ディスプレイ、液晶ディスプレイこの温度感度は 5 cb 相転移温度 35 ℃、引き起こされる人間の体温に近いが原因。研究者は最初室温 (25 °) 環境 (図 3 a) で最初に置かれて、表示する特定のイメージ情報を記述する紫外線を使用して LCD ディスプレイし 30 代 (図 3 b) あなたの手のひらの上に置かれ、参照してくださいがオフにすることができます表示イメージ情報より高いコントラスト (図 3 c) を持っています。上記のプロセスは繰り返された (図 3 d-f) をすることができます酸素または空気中の水分から無料。液晶表示これらの機能によって、インテリジェント通信機器、ウェアラブル機器、バイオニック ロボットと人間の生理学的な信号検出の潜在的なアプリケーションの広い範囲。


上一条:液晶ディスプレイの配置 次条:最も一般的なLCDディスプレイ