グラフィックLCD表示プロセス

- May 26, 2017-

Matterには、固体、液体、気体の3つの状態があります。 これらの3つの状態は、固相、液相、気相とも呼ばれる。 グラフィックLCDディスプレイ自然界では、ほとんどの物質は固体、液体、気体の形で温度が変化すると存在します。 水、塩、および周期律表の各元素からなる物質などの物質を含む。 水分子やシリコン原子などの構成単位は基本的にペレット状です。 温度が下がるかまたは温度が上昇すると、構成ユニットの配列は、後の順序付けられていない配列から、整然とした配列に変換される。 液相から気相または固相へ。 結晶では、グラフィックLCDは、各構成単位は、配置ルールを知っている限り、流れるような規則的な配置ではなく、特定の位置にあることを示す構成単位の整然とした配列を表示する、あなたは構成単位から開始することができます、グラフィックLCDの法則に従って、別のユニット、すなわち厳密な空間的順序を見つけることができます。


我々が知っている固体、液体および固体の状態に加えて、何らかの問題では、固体から液体へ直接移行するのではなく、固体から液体への移行過程において中間状態にある。 真ん中に物質の出現が混濁しているように見える液体。 しかし、その光学特性およびこれらの電気特性のいくつかは、結晶に類似している。 複屈折特性などがある場合には、反対の性別である。 温度が上がるにつれて、様々な濁った物質が清澄化され、温度と同種の液体が増加する。 グラフィックLCDディスプレイこれらの物質は、液体から固体へと変化するが、中間状態を経て変化する。 様々な特定の温度範囲と液体と結晶にすることができます、液晶(LIQUIDCE)と呼ばれる2つの物質の特性は、液晶相とも呼ばれ、中間相または中間は、物質の第4の状態としても知られています。

LCDは1888年にオーストリアの植物学者であるLenitzle(Freinitzer)によって最初に発見されました。いくつかの物質が溶けていると判断され、不透明な白濁液体状態の後に特定の物質(脂肪酸脂質とエステル酸脂質)が溶解し、美しい光沢、継続的な加熱が透明な液体になる限り、グラフィックLCDディスプレイ。 1889年、ドイツの物理学者ライマン(O.lehmann)は、加熱装置を備えた最新のタイプの偏光顕微鏡として、その時に脂質化合物を観察するように彼によって設計されました。 グラフィックLCDディスプレイ彼はこのタイプの白濁した物質が液体のように見えることを発見しました。 しかし、それは異方性結晶の複屈折を特徴とする。 だからライマンはそれを「液晶」と名づけました。 これが液晶の起源です。


上一条:LCDディスプレイの基本 次条:LCDディスプレイのセル構造